なるべく削らない歯医者さんはおすすめ

歯科治療で来院して、歯をなるべく削らない歯医者はおすすめです。


虫歯になれば歯医者さんにって、歯を削って詰め物をするのが治療としてはスタンダードです。

そんな中、歯を削らないようして、大切な歯を出来るだけ残そうとしてくれる歯医者さんは、とてもおすすめと言えます。あまり削らない歯医者さんというのは、少しだけ進んだ虫歯や、虫歯のでき始であれば、その進行はストップすることを理解しています。

ですから、無駄に大切な歯を削ろうとはしないのです。

ほんの小さな虫歯があったとしても、そのまま何年も進行しないというケースもあります。

大切なのは、口の中の環境を、できるだけ虫歯の進行しない環境にしてあげることです。



まだ小さい虫歯を削り、詰め物をすると、その後は劣化をします。そうなると、大切な歯がなくなってしまうまで、繰り返し直し続けることになるのです。最初に歯を任せる歯医者さんにより、その歯の運命は大きく左右されます。

歯を削って、人口の詰め物をするといったやり方は、初期であれば歯の寿命を短くしてしまうことにもなりかねません。


ほとんどの虫歯というのは、経度のレベルであれば、削らないままで再生をしていくと言われています。

そのため、できるだけ歯は削らない、という方針のデンタルクリニックでの治療がおすすめなのです。
もちろん、進行してしまった歯に関しては、削る必要性が出てきます。

togetterについて詳しく知りたいならこちらのサイトです。

そうならないためにも、自分での虫歯予防は、しっかりとしておきましょう。